【ブログ】動く自分の姿

動画撮影はじめました

鏡を見る習慣

毎朝、鏡を見ていますか?女性なら、洗顔やメイク時に鏡に映る自分をまじまじと見ていらっしゃるのではないでしょうか。

我が家の洗面所は窓がなく、若干暗めです。そのぶん、鏡に映る自分の顔映りが良く見える気がします。騙されて(?)朝は気分良く出かけることができますが、百貨店の化粧品売り場なんかに行くと、「え?!(自分のお肌の不調さに愕然とする)」ということも少なくありません。

動いている姿

鏡に映る自分は、どちらかといえば静止画的なワタシです。もちろん、鏡の前でニッコリ笑って見たり、体を動かしてみることもありますが、自分のクセを発見するまでには至りません。

また鏡では、声(会話)を客観視することができません。自分の話し方、動き方、声のトーンなど、自分でありながら、自分のことをよく知らない人が案外多いのではないでしょうか?

私の経験

私はこれまで、カウンセラーとして、また講師として、割と自分の立ち居振る舞いをビデオに撮られる経験をしてきました。それをスキルチェックに使われたり、会社が保管していたり。

そうなんです。よく考えてみると、簡単なフィードバッグはいつももらってきましたが、自分で繰り返し確認して、気づきを得るということをあまりしてきませんでした。

なんともったいない!!

自分に関する気づきを得る方法

もちろん、動画を撮影しなくとも、新しい自分を発見する方法はたくさんあります。

例えば女性なら、「口紅の色を変えてみる」「(パンツスタイルが多い方は)今日はスカートを履いてみる」などが手軽でしょうか?

もしもあなたがビジネスマンなら、自分の仕事のやり方を一度変えてみるのはどうでしょう?

「(疑問が湧くとすぐ誰かに聞いてしまう人は)まず自分でやってみる」

「(大抵のことを自分で処理し、他人に頼らないという人は)一度、信頼して誰かに任せてみる」

「スピード重視の人は、質を重視してみる(またはその逆)」

新しい何かに気づいたり、周囲から違う評価が得られるかもしれませんね。

スマホがあればチョチョイのチョイ

動画というと、「他者に見せるため」の目的が多いのかもしれません。でも私は「自分をより理解するため」にも最適なツールだと考えています。何よりも、スマホがあれば、誰でもボタン一つで撮影できることが最大の魅力です。

さらに編集もちょいちょいっとできてしまいます。私が最近はまっているのは、動画を編集するスマホのアプリ「iMovie」です。一人で撮影する場合、開始と終了にカメラのボタンを押す自分の姿が映り込んでしまいます。そうでなくても、途中で言いまちがえちゃった!!なんてことが多発しまくりです。それらを、いとも簡単にチョキンとカットできちゃう「iMovie」。

20年前だったら、素人には到底できなかったことができてしまう・・・元パソコン講師だった私も、感動モンです。

三脚を使って撮影するもよし、友達に撮影してもらうもよし。セリフは無しで、動きだけを撮るもよし、声だけを撮ってもよし。ユーチューブにアップするもよし、自分だけで見るもよし。

もしも時間が許すなら、あなたも「セルフ動画撮影」をして、編集にチャレンジしてみませんか?

藤本理恵 デモンストレーション