2018年5月12日 お仕事女子の放課後サロン番外編 チャンスをつかみ人生を切りひらくノート術 を受講しました

人生を切りひらく鍵は、「ありものの夢」を追うのではなく、「今日きたチャンス」をつかむこと

クレオ大阪中央にて開催されたセミナーにて、チャンスをつかみ人生を切りひらくノート術 を学んできました。(講師:株式会社ダイジョーブCEO 山田 智恵さん)

まず、チャンスには3種類あると教わりました。

  • キラキラチャンス(大チャンス)
  • わらしべチャンス(誘われる、褒められる、面白いことに気づく、喜ばれる、など)
  • スパイシーチャンス(心がチクっとする、おきて欲しくないことが起きる、失敗して怒られる、恥をかく、など)

誰が見てもチャンスとわかること以外に日常に転がっている、一見、特別ではない出来事も、嫌な出来事も、チャンスだよという捉え方です。この3つの視点で、チャンスを探します。

ここで、ある経験を思い出しました。

以前、大学にて90分の単発のお仕事を請け負ったときのことです。160人ほどの学生さんを対象にした授業で、時間管理ができず、中途半端に講義を終了してしまったことがありました。しかも、時間が足りなくなることは想定の範囲内だったのに、対応できなかったのです。

90分の終了時間が近づくにつれ「どこを削ろう?」と必死に考えましたが、最後になればなるほど大切な内容が盛り込まれています。「どうしてもっと時間配分を入念に計画しておかなかったのだろう?」と悔やみました。

関係者には、ひたすら謝罪です。なぜこうなったのかの理由と、改善策を提示し、結局お咎めなしですみましたが、休みの日にも連絡が入るし、心もチクっとしたし、起きて欲しくない出来事でした。

こうしたスパイシーチャンスは、出来事そのものは変わらないけれど、意味づけは変わる、と山田さんはおっしゃいました。

先ほどの私の失敗も、再度、お仕事を依頼いただけたということは信用は失っていなかったわけですし、むしろフォローしてくださった方もありました。また、時間管理という自分の不得意を改めて明確にすることができ、「必要最低限の内容に、その場の時間の余裕に応じて肉付けする」といった、もう一つのシナリオを用意する意識をうみました。

どんなことが起こるか?は選べずとも、意味づけは選べる。これはイスで、これは机です、と認知しているように、これはチャンスですと「意味づける」ことが、チャンスをつかむことにつながっていく。

日々に起きる無数の出来事を、いかにチャンスとして捉えるのか?そのチャンスがどのように変化し、自分の中での意味づけがどのように変化するかを学ぶためにも記録するということで、毎日、3つのチャンスを書くを実践し始めました。(お気に入りのCITTA手帳に記録し、1週間が経ちました。)

このように書いているだけで様々なことが思い浮かびます。

大企業でプレゼンのチャンスが与えられた数年前、会社員だった私。一度はその依頼を受けたものの、とある理由で先輩にお願いすることに。ああ、あれは私が逃したキラキラチャンスだったな・・・。

記録することが苦手な私も、3つだけ選んで書く、お気に入りのノート(手帳)に書く、で、継続していけそうです。

「3つのチャンスを書き留める」

このセミナーで教わった考え方は、私の大好きなハップンスタンスセオリーと共通点が多く、スルスルと心に入ってきました。

「未来や過去ではなく、「いま」に集中できるようになり、結果が変わる」

セミナーの最後に、チャンスのつながりを発見するための振り返り方も教えていただき準備万端。

習ったノート術を継続して、私も、チャンスを掴みます!

ノート術