2018年9月26日 女性のためのキャリア形成支援研修(中小企業のための本気スイッチフォーラム③)を担当いたしました

本気スイッチフォーラムチラシ

私が担当したテーマは「働きつづけたい女性のあなたへ〜チャンスを掴んで納得できる働き方を獲得しよう〜」です。

いただいた90分は以下のような内容で構成いたしました。

キーワード「働き続ける」

  • 多様性を認め合おう
  • 本音、欲求、価値観を大切にしよう
  • 思い込みに気付こう
  • 変化を受け入れよう
  • 幸福学とは

◆◆◆

「チャンスを掴んで納得できる働き方を」

チャンスを掴むためには、自分の価値観や真の欲求を知る必要があると考えます。社会的な価値観(女性らしくあるべき、男性らしくあるべき、良い親であるべき、良い子どもであるべきなど)にとらわれたり、一つの役割(母親、父親、妻、夫、子どもなど)に固執したりして、自分らしい欲求に蓋をしていませんか?という問いかけをしました。

とはいうものの、自分が本当に大切にしたいことへの意識は、大人になればなるほど難しく、他者への配慮や空気を読むことなどを迫られ、薄まっていくのかもしれません。さらには、やっても無駄、言っても無駄、考えても無駄だと思ってしまうような出来事を、何度も経験してきたかもしれません。

だからといって、自分の信念や大切にしたいことを見失っては、本当のチャンスを掴むこともできません。もちろん私にも役割があります。母親として、子どもとして、育児や介護を考えることもあります。職業人としても、力を発揮して成果をあげたいと考えています。でもそれらの役割を生きる前に、自分自身の本音を汲み取り、自分の期待に応える人生を送りたいと思うのです。

◆◆◆

「幸福感と納得感」

家電、洋服、美味しいデザートなどで、私はとてもハッピーになります。ですが一通り味わうとまた新しいものが欲しくもなります。「もの」で満たされる幸福感は、私の場合、あまり長続きしないようです。

その反面、これまでの人生で紆余曲折を経て

  • 心を許せる相手がいる
  • 安心して帰れる居場所がある
  • 気がつけば夢中になる時間がある

ということが、長期に渡って幸福を感じられることに気づきました。「幸福学*1」への納得感も高まっています。

仕事を通して得られる幸せとは何でしょうか?なんのために仕事をしているのかは人によってさまざまです。だからこそ自分自身に問いかけ、その意味づけから仕事に注ぐ長い時間をより楽しいものに変えていきませんか?

*1 幸福学・・・前野隆司先生 (参考図書:無意識の力を伸ばす8つの講義)

無意識の力を伸ばす8つの講義
前野隆司 著

◆◆◆

「組織という仕組み」

これから未来へ向かって、ますます働き方は多様化していくでしょう。社内外を問わないプロジェクト単位の働き方や、場所や時間を制限されない働き方、また企業間レンタル移籍などもうまれています。多くの人は会社に属した働き方をしているわけですが、いつ、自分の所属する組織が変革を起こしてもおかしくはありません。そんな時代の変化とともに、私は組織という仕組みの中で、いかに個の力を発揮できるような多様性を認め合うかという課題を捉えています。

働きやすい環境を求める多様な人々の働きやすい環境を整えられるのもまた多様な人々です。私もその一人として、社会の、組織の、仲間の、そして自分自身のユニークさを認めながら、最低でも子どもが成人する(と、私は60歳)まで、欲を言えばそれ以降もなお働き続けたいという思いで、目の前の仕事に取り組んでいます。

◆◆◆

研修の内容を組み立てながら、与えられた90分をいかに使うか、直前までかなり悩みました。本音を言えば、私が話をするよりも、みなさんの話をお聞きしたいという衝動にかられていたのですが、プロのカメラマンさんにがっちりビデオ撮りされていたのでそうもいかず、で。

つたない私の話に大きくうなづきながら聞いてくださった参加者のみなさまには心から感謝しております。あれほどまでに熱心にメモをとってくださるとは思いもよりませんでした。配布資料が簡素すぎたことを、ここにお詫び申し上げます。

このような貴重な機会をいただきましたことを改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

当日、どんな話をしたのかがイメージできそうでできないデータもあわせて、アップしてきます(笑)