Planned Happenstance 〜満足できる人生を送ろう〜

計画的偶発性

クランボルツ博士のキャリア論

「偶然の出来事は人のキャリアに大きな影響を及ぼし、かつ望ましいものである」

キャリアカウンセラー養成講座テキスト3

この言葉は、日本マンパワーのキャリアカウンセラー養成講座で学んだキャリアカウンセリングの理論というテキストにあるプランド・ハプンスタンス・セオリーから抜粋したものです。

プランドハップンスタンスセオリーは、キャリアカウンセラーのみならず知る人の多い理論だと感じています。このプランドハップンスタンスセオリーを提唱されたクルンボルツ博士は、スティーブ・ジョブズがスピーチをしたことで有名なスタンフォード大学の名誉教授でもあり、私が所属するJCDA(日本キャリア開発協会)の名誉会員でもあられます。

5つのスキルを考えてみよう

クルンボルツ博士は、偶然の出来事を良いキャリアの機会にするために、下記のスキルが必要だと教えてくださっています。

  1. 好奇心
  2. 持続性
  3. 柔軟性
  4. 楽観性
  5. 冒険心

この5つについての私の経験をお話しさせてください。

1.好奇心

「楽しもうという姿勢で、新しい機会を増やそう」

同じ物や人に囲まれて暮らす生活は、安心感があります。随分長い間、嫌いなものや苦手なものは、避けて暮らしてきました。

それでも、思い返せば人との出会いやご縁が好機となった場面がありました。不思議です。そう思うと、安定・安心ばかりを追い求めて、受け身でい続けることをやめ、興味・関心の幅を広げてみたら、もっと良い人生が送れるのではないか、と感じ始めました。

  • 自分からあたらしい場に出向いて出会いを作ってみる
  • 他者からススメられたものを取り入れてみる
  • これまで対象外だっことに興味・関心を向けてみる

好奇心を高めると、多様な経験を積むことができます。自然と行動するからでしょうか?その結果、先日、お金をいただいてインタビューを受けるという、これまでまったく想像したこともなかった出来事に遭遇しました。

2.持続性

「やりたいか、やりたくないか」

私は、失敗には屈しません!と言いたいところですが、しょっちゅう壁に頭をぶつけてはヨロヨロします。職業訓練でキャリアデザイン講師をはじめたころなんて、受講生さんの出席率に何度ココロ折れたことか。また、公共のカウンセリング業務では、相談を受け始めてから5分も経たないうちに離席されたこともあったりして。(本当に、笑えません・・・。)相当へこみますが、それでも考えるのは「これから、どうするのか」。

たまに「キャリアカウンセラーは私に向いていないんじゃないかと思うんです。」というご相談を受けることがあります。私も、自分は向いてないんじゃないか、と考えたことがありました。でも、向いていると思えば、向いているように動けるし、向いていないと思えば、向いていないように動く気がして、自分の向き不向きについては、自分で考えないことにしたのです。

それよりも、やりたいか、やりたくないか、を常に考えています。やりたい、だから少々失敗してもやり続ける、私の中で、そう腑に落ちた仕事がキャリアカウンセラーでした。

3.柔軟性

「オープンマインドで」

私は、精神障がい者の就労支援に携わっていたことがあります。キャリアカウンセラーや産業カウンセラー仲間から、どのような仕事かを尋ねられることがよくあります。

その話の延長で、「数年後には、精神障がい者の就労支援の仕事につきたいと思っています。そのために今の仕事に区切りをつけて、数年後に大学に入学して、精神保健福祉士の資格を取って、就職しようと計画しています。」と話してくださった若い方がありました。

私は、精神保健福祉士は取得していません。就労移行支援事業所(難病や障がいがある方々が就労を目指して訓練する事業所)で勤務したときも、障害者職業センターの職場復帰(リワーク)支援の仕事についたときも、キャリアカウンセラーの資格しか持っていませんでした。産業カウンセラーの資格は、職場復帰(リワーク)支援の入職後に取得しましたし、強要されたわけでもありませんでした。

目的に向かって計画を立て、突き進んでいくことは素晴らしいことだと思います。でも、それに固執することは、計画以外の可能性や良い機会を逃してしまうのではないでしょうか。「今の自分ではだめだ」「○○の資格を取得しなければならない」「自分の目的のために、会社に迷惑をかけてはいけない」という思い込みから今の行動を制限しているのだとしたら、とてももったいように感じました。

自分の考えや計画に固執せず、他者のアイディア、アドバイス、考えなどにも心を開く「オープンマインド」であることが、自分の姿勢を柔軟に変化させることにつながっていくんだと、自分自身にも言い聞かせています。

4.楽観性

「うまくいけば御の字」

以前の職場(就労移行支援事業所:難病や障害がある方が就労を目指して訓練する事業所)で、上司からアイディアを求められたことがありました。座学訓練ではなく、活動系の訓練として何か良いアイディアはないだろうか?と。そのとき絞り出した「自律訓練法はどうですか?」は、一瞬で却下。今でも鮮明に覚えているのは、多分、私なりに考えて、情報収集して、一人で実践して、考えて、考えて・・・というプロセスがあったからだと思います。このときたった一度のことでしたが、それからの私は、求められてもアイディアを出すことをしなくなりました。「(もう)自分の意見は聞いてもらえない。」「私のアイディアは(ずっと)役に立たない。」と思い込んでしまったからです。

あれから数年がたち、「すべてがうまくいくわけではないけれど、すべてがうまくいかないわけでもない」ぐらいの気持ちで出来事を捉えるように変化してきました。

自分を縛っている「〜でばければならない」をゆるめ、仲間を増やし、楽観性を養ったおかげで、自分のアイディアを発信したり、イベントを企画したり、を楽しめています。

5.冒険心

「小さなステップで」

やろう、やりたい!と思うけれど、できない・・・というときは、行動そのものを見直してみます。やろうと思っていることが大きすぎないか、もっと小さなステップにするにはどうすればよいか、といったアイディア出し(ブレーンストーミング)です。

小さな種を巻き続けることができるかどうかが大切、と実践家の方々からも学びました。どこに芽が出るかは分かりません。行動することを諦めてしまったら、ひとたび何も生まれなくなります。

偶然を幸運に変える生き方

共にキャリアプランを立てたり、理想を描いたりすることは、キャリアカウンセラーとしての仕事です。私自身も、こうなりたい、こうでありたい、という理想と、現実とのギャップを受け止めながら、自分にとって必要な能力をどう培っていくか、試行錯誤の連続です。

もともと、計画力が低い私は、綿密なプランを立てることをしてきませんでした。特に、会社員だった時代には、それが目立つ弱みでした。ですが、環境を変えれば弱みが強みになる場合もあります。フリーランスである今は、目的をもって手段を変化させられる、柔軟に行動できるという意味で、捉えることもできるからです。

今は先の見通しが立ちにくい、変化が当たり前の時代。長期にわたる綿密な計画で、考えや行動を縛ってしまう生き方では、大切なことを見逃してしまうかもしれません。

私は働くという人生を選択しています。その自分の人生の満足度を高めるのは、「自分次第」と腹をくくりました。自分で決めて、行動する。行動することでより多くの偶然に遭遇する。その偶然をチャンスに変えられるよう、また行動する。

一見、マイナスな出来事に遭遇しても、へこたれず、チャレンジし続けられる私である。プランドハップンスタンス理論を初めて学んだときから8年、知る、やる、できる、やり続けることに、少しずつ近づいてきた感覚です。

正解を探す努力よりも、選択後の満足度を高める努力を

私には、より満足して、より豊かな人生を歩んでいきたいと願いがあります。

過去にとらわれることなく、新しい自分を発見できるような機会を自分の手で創る、そんな人生を選びました。女性としても、母としても妻としても、ユニークな私が役に立つよう、キャリアカウンセラーであることに固執せず、いろいろなことにチャレンジし続けていきます。

あなたも、より満足できる人生へ一歩踏み出しませんか?

参考図書

Lesson-menu man-to-man(個人レッスン)

キャリアレッスン1・偶然を幸運に変える力を育もう

もうそろそろ行動したい、とお考えのあなたへ。ワクワクを叶えるために何ができるのか?を小さなステップで一緒に考えましょう。スタンフォード大学のクルンボルツ博士が提唱されたハップンスタンスセオリーに沿って、行動面にアプローチしていきます。

  • 場所:大阪市内または堺市内
  • 内容:個人レッスン90分、メール相談1回
  • 金額:5,000円(当日支払い または ペイパル支払い)
  • その他:どのようなことでも、お問い合わせください