Planned Happenstance 〜プランドハップンスタンスで築く新たなキャリア〜

計画的偶発性理論の実践

クランボルツ博士のキャリア論

「偶然の出来事は人のキャリアに大きな影響を及ぼし、かつ望ましいものである」

キャリアカウンセラー養成講座テキスト3

2010年に受講した日本マンパワーのキャリアカウンセラー養成講座。その時に使っていた"キャリアカウンセリングの理論"というテキストにある プランド・ハプンスタンス・セオリーを改めて学び直そうとしています。

プランドハップンスタンスセオリーを提唱されたクルンボルツ博士は、スティーブ・ジョブズ氏がスピーチをしたことで有名なスタンフォード大学の名誉教授でもあり、私が所属するJCDA(日本キャリア開発協会)の名誉会員でもあられます。

※クルンボルツ博士は2019年5月に他界されました。(全米キャリア開発協会 National Career Development Association:NCDA より発表)個人的には、この理論から多くの勇気をいただいたことに感謝しています。心よりご冥福をお祈りいたします。

良いキャリアの機会を獲得するための5つのスキル

人生で遭遇するさまざまな出来事。そのほとんどは自らが計画したことではありません。その偶然の出来事を自分にとって望ましいキャリアの機会とするために、どうあれば良いのか。プランドハップンスタンスセオリーの5つのスキルから、自分自身の経験を探ってみることにしました。

  1. 好奇心
  2. 持続性
  3. 柔軟性
  4. 楽観性
  5. 冒険心

1.好奇心(新しい機会を楽しもう)

「新しいチャレンジを」

情報処理の講師として専門学校に勤めていた頃のことです。キャリアカウンセラーという職業の存在すら知らなかった私ですが、ただただ学生さんたちの就職に関連する何かしらの役に立ちたいという思いで、就職課の先生に相談に行きました。CDA(キャリアデベロップメントアドバイザー資格・現在は国家資格キャリアコンサルタント)を知ったのは、そのときでした。

当時は貯金もなく、専門実践教育訓練給付金もまだありませんでした。資格取得に30万円近くかかる費用をどうやって払おうか?と悩みながらも、とりあえずやってみようかなという好奇心で動き始めます。ここまでを振り返れば

  • 就職課の先生に、自分から相談にいく
  • 就職課の先生から勧められた資格について情報収集をする
  • 自腹を叩いて働きながら学ぶということにチャレンジする

という偶然のきっかけから決断をして今の私があるということ。

「あのとき自分に投資をしておいて本当によかった。」

キャリアカウンセラーとしてのチャレンジの始まりです。

2.持続性(やりたいかやりたくないか)

「自分の本音を大切にしよう」

私は、自分でもあきれるほど他者からよく思われようと気にする人間です。嫌われたくない、笑われたくない、恥をかきたくないと、発言を控えたり本音を押し殺したりしてしまいます。

産後、再就職先が見つからずフリーランスでの再出発を決意したときも、仕事がもらえなかったらどうしよう?かっこわるい!と不安でいっぱいでした。がむしゃらに仕事を求めて、偶然にも職業訓練校でキャリアデザインの授業をさせてもらえることにはなりましたが、最初は思うように授業が進められず欠席率も高かったため、何度も心が折れそうになりました。

また2017年から担当させていただいている公共施設のカウンセリング業務では、相談を受け始めてから5分も経たないうちに離席された、なんてこともありました。

そんな出来事を起こしてしまう自分に相当へこみ、落ち込みます。とことん落ち込んだあと

「これから、どうしたい?」

と考える習慣がつくほど。失敗を繰り返すたび、キャリアカウンセラーという仕事が自分には向いてないんじゃないかと悩みます。そんなときには「この失敗から学ぶことはなんだろう?」「不安を減らすために、何ができるかな?」「向いていないと思えば思うほど、失敗を引き寄せてしまうんじゃないかな?」と反駁しました。

向き不向きは、いったん脇に置き、キャリアカウンセラーでありたいのか、そうでないのか。

「やりたい? or やりたくない?」

特に私の場合は、これまでやりたくないことをやって長続きしたことがありません。

やりたい、だから失敗してもやり続ける。その失敗を糧に、また新たな力を身につける。私の中で、力の限りを注ぎたい!と思えたのが、たまたまキャリアカウンセラーという職業でした。

3.柔軟性(思い込みに気づく)

「オープンマインドで」

以前、就労移行支援事業所(難病や障がいがある方々が就労を目指して訓練する事業所)や障害者職業センターなどで、精神障がい者の就労支援に携わっていました。現在は、リワーク(職場・社会復帰支援)を主とする障害福祉サービス事業所で週に1回お世話になっています。それらの業務内容をキャリアカウンセラーや産業カウンセラー仲間に話す機会は少なくありません。話の延長で、

「数年後には、精神障がい者の就労支援の仕事につきたいと思っています。そのために今の仕事に区切りをつけることができたら退職をして、大学に入学して精神保健福祉士の資格を取って、就職しようと計画しています。」と話してくださった方がありました。

ここでは割愛しますが、過去の経験から精神障がい者の就労支援という職について他者のお役に立ちたいという想いがひしひしと伝わってくるお話でした。

私は精神保健福祉士は取得していません。就労移行支援事業所で勤務したときも、障害者職業センターの職場復帰(リワーク)支援の仕事についたときも、キャリアカウンセラーの資格のみで入職しました。それでも業務を通じて学びながら、うつ病や統合失調症の方々を支援することができました。

もしも「精神保健福祉士を取得しなければ、精神障がい者の就労支援に就くことができない。」と考えている人がいるならば、それは思い込みかもしれません。無資格でもチャンスがある業界ですし、すでに産業カウンセラーやキャリアカウンセラーの資格を取得しているならなおさらのこと。

自分の考えや計画を持ちながらも、それに固執することなく他者のアイディア、アドバイス、考えなどにも心を開く「オープンマインド」であることは、自分にとって良いキャリアをつかむきっかけになるのではないかと考えています。

4.楽観性(何とかななるさ)

「資格取得と自己効力」

20代のころ、情報処理の講師として「初級システムアドミニストレーター(現:ITパスポート)」という国家資格の受験対策講座を担当していました。その上位資格である「基本情報技術者」の試験対策もやってほしいという学校側の期待に応えるため、働きながら学校に通い勉強をすることになりました。それなりに努力をするも1回目は不合格。2回目も不合格で3回目にしてやっと合格できたという思い出があります。

実はこのとき、基本情報技術者試験に8回チャレンジされた高齢の先生が職場にいらっしゃったのです。よくお話を聞いていたためか、「8回もあれば、なんとかなるな」という楽観性が知らず知らずに育っていたかもしれません。

・・・と、ある経営者の方にお話したところ、「8回とか、3回とかは(程度が低すぎて)講師として話しちゃいけないよ。」と言われてしまいました。確かにその通りです。講師としての立場なら、1回で合格しよう!の心意気が必要です。

◆◆◆

社会的認知(学習)理論を基礎に展開されてきたクルンボルツ博士。ここで、社会的認知学習理論つながりから、アルバート・バンデューラ博士の「自己効力理論」をとりあげてみましょう。

バンデューラ博士が説く自己効力(感)とは、「結果をうみだすために、適切な行動を遂行できるという確信の度合い」を意味します。目標や課題に向かって、「自分は何とかやれる」「自分なら何とか努力できる」と、どの程度考えて準備できるかということです。

私の場合、基本情報技術者という国家資格を3回受験し、やっと合格することができました。その背景には、8回目にして達成された他者の姿を観察していたことが含まれています。また3回かかったとはいえ、合格を手にしたという自分自身の達成体験によって強力な自己効力感を得た後に、偶然にもキャリアカウンセラーの資格取得をすすめられ他者からの説得を受けるという一連の出来事に背中を押されました。

"自分のもつ力を信じることほど主要な力強いものはない"

まさしくその通りだという納得感が高まります。

5.冒険心(やらないリスクを考えよう)

「小さなステップで」

やろう、やりたい!と思うけれど、できない・・・というときは、それぞれのメリット・デメリットを比較してみたり、行動そのものを見直したりします。やろうと思っていることが大きすぎないか、もっと小さなステップにするにはどうすればよいかといったアイディア出し(ブレーンストーミング)です。

人生を謳歌している人は必ず行動しているように思います。実践家の方々からも「小さな種を巻き続けることができるかどうかが大切」と教わりました。小さくてもアクションを起こし続けること、そこから学ぶことが大切なのです。どこに芽が出るか?行動することを諦めてしまったら、ひとたび何も生まれなくなってしまいます。

行動したあとの最悪の結果ばかりを考えると、行動しない方がマシという結論に至るかもしれません。でも、行動しなかったときに生まれる最悪の結果は?

失敗を恐れて「何もしない」ということに、大きなリスクが隠されているかもしれない。

いつの日か死を迎える時、「あれもこれも、やってみればよかった。」と思うのか「あれもこれも、やってみてよかった。」と思うのか。

正解を探す努力よりも、選択後の満足度を高める努力を

クライエントの自己理解・仕事理解・キャリアプラン・内省・意思決定などのお手伝いがキャリアカウンセラーの仕事です。私自身も「こうなりたい」「こうでありたい」という理想と現実とのギャップを受け止めながら、自分にとって必要な能力をどのように培っていくのか?という試行錯誤を繰り返しています。

変化が激しく、先の見通しが立ちにくい時代。長期にわたる綿密な計画で思考や行動を縛っては、大切なことを見逃してしまうかもしれません。

また正解はどこかにあるものではなく、自分で考えて、決めて、行動することで、自分らしい正解に近づいていくもの。そういう意味では、知恵を絞ってやってみるの連続です。

偶然を幸運に変える力を育もう

こんなつたない文章など読んでくれる人はいないだろう、たとえ読んでくださる方があったとしても、笑われてしまうだろうという不安に蓋をして綴ってきました。

ここまで読んで下さりありがとうございました。そんなあなたがいるということが、偶然を幸運に変えるために文書を書いた私に勇気を与えてくださいます。

私はプランドハップンスタンスセオリーの考え方が大好きです。同じようにプランドハップンスタンスセオリーに興味を持って、偶然にもこのページにたどり着いて下さった方々が、さらに満足のいく人生を歩まれますように。

向こうからやってくる偶然と、自分から計画的に創り出す偶然。どちらにせよ、より多くの"必然"に出会えますように。

おつきあいいただき、本当にありがとうございました。

参考図書(Amazonのページへリンクしています)